*

shiiのスロットブログ

慶次評論家の花の慶次戦極めし初打ち

      2016/01/06

着せる




かぶきもの
   漢字に変換
     めんどかった
           士意






時は遡りスロット花の慶次3作目初日の稼働。




その日は仕事だったが、慶次の新台初日ということで朝からそわそわしていた。




というのも俺はパチンコの時から慶次が大好きだったからである。



初めて打ったのは斬で愛をもっとも打ちこんだ。





焔は時短が減り、冒頭にもある





キセルの炎つき(笑)





という誰も望んでいない暴挙に走ったが、それでもまだ打てた。




「キセルに強弱をつけましょう!」




と提案した開発者は今頃地下行きだろう。





漢は一度しか打っていないがニュー銀の発送担当が発送を間違えたんじゃないかなと考察している。




本当は面白い花の慶次~漢~が完成していたのに発送担当が趣味で製作していた慶次を1台だけならばれないだろうといたずら心で発送。



その1台が奇跡的にマイホの俺が初打ちした台だったんじゃなかろうか。




なるほど!
この考え方ならつじつまがあう。
あのニューギンさんが慶次で面白くない台をつくるわけないし。




それなら正規の漢を打っていない俺に漢を語る資格はないだろう。



正規の漢を打ったことのある人に感想を求めたい所だ。




そして現役中の真・花の慶次。
まあレア物の漢に比べれば悪くはない。




城門演出なんかはSTと相性いいしね。




ただVSTはガロがあるし、慶次ファンはきっと昔の継続率80%時短100のあのいい意味で長く遊べる、悪い意味でダラダラとしたあの戦モードがやりたかったんじゃないなあ。





そういえば知らない人が多いと思うけどSA〇YOからも慶次が発売されたことがある。






計二 やり



海物語in琉球







花の慶次と海物語を上手くコラボした奇跡の一台は誰もが恐れ、奉る谷村界王神ですらも擁護できないレベルだった。
メーカーを確認するきもおきなかったがニューギンがあんな糞台を出すわけはないだろうからSA〇YOだろう。







スロットの1作目は賛否両論だったが、俺は好きだった。
天武の極み待ちのゲーム性だったが、戦モードなんかは懐かしくて楽しかった。






2作目は発想は面白かったが20G駆け抜けのビジョンしか見えないシステム、処〇よりも固い天井ストッパーのせいで即撤去となってしまった。





後に鉄拳3・修羅の刻など、類似のゲーム性の台も軒並み撤去が速かったので、あのゲーム性は受けないんだろう。









一同「でも作ってるメーカーが・・・・」










おっと。
それ以上は禁句だ。
確かにあのゲーム性でユニバに何か作って欲しいがもう規制でそれも叶わない。





そして3作目。



初代を受け継いだゲーム性。



打ちだしたゲーム数は忘れたが万枚狙い。






~花の慶次戦極めし万枚狙い~



スポンサーリンク



席に座るとまずは前作までの復讐・反復から。


1枚コインを入れて清算ボタンを押す….












!?!?!?!?!?








何!?あの爆音が無い・・だと!?






ニュー銀と言えば爆音・煽り・目つぶし光線と相場は決まっている!!




「落ちるところまで落ちたか….」






全国のスロッカスは落胆の気持ちを隠しきれなかったことだろう….



俺もその時は席を立とうとしたが次の画像を見て安心して欲しい。






天下無双







やはり天才か….






もちろんニューギンの開発者への敬意を込めての気持ちだ。



初見の演出だったこともあり、天武の極みが出てくるものだと思っていたが、出てきたのは伊達政宗。



これだけ派手な役物からの伊達政宗だ。
今回の慶次は伊達が最強の上乗せ特化ゾーンなのだろう。
※初期ゲーム数決定キャラは真田幸村で最低保証。





わしの隻眼は…
と伊達氏の名言が何度も発せられる。




正直、真田氏の際も思ったことだがもう少し台詞のバリエーションがあっていいと思う。





それはさておきTOTAL30Gの爆乗せに成功!
枚では無くGだ。



その点だけをみてもニューギンがいかに優良メーカーなのか判断できるだろう。






ニューギンはやはり天才か…







その後は疑似ボーナスやBIGボーナスなども絡め、一撃1000枚の大量出玉を獲得!



天武の極みは引けなかったが、前作、前前作に比べマイルドな仕様なんじゃないかな?



周りを見ててもそれなりにBIGからARTに繋がってたし、ボーナスもゴッドの初当たりぐらいに引けてたしね。





音も、光も抑えられてると思ったら天下無双役物とやっぱりいつものニューギンで安心できたし。




赤文字は空気!



ボーナスは重い!



打ち手に厳しい!



ニューギンの台とはこうありたいものだな。




 花の慶次評論家 士意




クリックするとブログ村へ移動します。
押していただけると嬉しいです。

  関連記事

【北斗の拳】パチンコ屋でおきた恋物語【転生の章】

恋は熱病のようなものである。 それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる。 by …

【第97話】ジャグラーだけ打ってれば負けることはないと思っていた時期が私にもありました。~店長との決着編第一章~

ジャグラーで設定1はあまり使われることがないと皆言うが、あれは絶対に嘘だ。 俺の …

2015年8月~12月収支~人生で一番負けた日~

先日ふと気になり2015年の収支を調べてみた。 すると1月~7月までの収支が消え …

【花火祭り】花火怖い…!花火怖い…!

花火のネガキャン記事です。 花火好きは下のバナーからブログ村へ飛んでください。 …

お前らまどマギでチャンス目からキュウベエチャレンジに入ることもあるって知ってた?

知らなかっただろぅ!? まぁ知っててもお前らみたいな引き弱スロッターじゃ入れるこ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。